ソフトウェア製品支援情報

(2003年12月)

 

 

 

あくせす給与の年末調整計算(平成15年分)

 

昨年と変わった点(国税庁)

1.         平成16年分以降の所得税から控除対象配偶者の特別控除が廃止されます。

2.         住宅借入金等特別控除適用者(取得から6ヶ月以内に居住)のやむをえない事由により居住出来なくなった場合、再居住に控除の再適用が可能になりました。

平成15年分年末調整計算に関係するのは2.のみとなります。

 

 

年末調整計算の方法

あくせす・給与の年末調整計算は初期メニューの年末調整タブをクリックし年末調整画面から年末調整を選択して下さい。

年末調整指示画面が開いたら、初回のみ『□申告データをクリヤする』にチェックし実行して下さい。申告データがクリヤされ入力可能となります。2回目以降はクリヤせず内容訂正のみ行って下さい。

 

下記のページに操作法の詳細があります。

年末調整の操作法について

 

 

 

申告データ入力支援機能

年末調整画面は年末調整対象者を自動判断して「所得税源泉徴収簿」の形で個人毎に表示します。

各項目を入力の度にリアルタイムに年末調整計算が実行され、最終税額が画面表示されます。

各項目の右にある?は(図の)入力を支援するボタンで、クリックすると該当項目の計算法や内容の説明が表示されます。?で支援画面を表示して画面にある計算式の空白の部分に該当数字を入力すると税法に従い自動計算され、結果が入力項目(図の)に表示されます。

入力項目に直接入力、または入力支援機能を使用して申告データを登録してください。

入力支援機能を使うと税法に従って計算されますのでミスが防げます。

 

 

閉じる